「うわさのズッコケ株式投資」について

本サイトについて

本サイトは、ざっくり言えば、筆者ずっこけサラリーマンの投資の記録です。

投資に関する思考、投資成績、その他思いついたネタをまとめていきます。考えたことを言語化してまとめることで、学習、反省、気付きにつなげることを目的としています。

ずっこけサラリーマンの日常を生暖かく見守っていただき、読者の皆様の投資生活の一助になればとの気持ちがほんのりと。基本的には自分のためです。

筆者について

ずっこけサラリーマンは、立ち上げ時点で34歳、都内勤務のいわゆるエンジニアです。

親戚から格安で家を借りているあたりがちょっと珍しいだけの、あとはごく普通のDINKSサラリーマンです。

大きな相続や財産、宝くじに当たったこともない平凡なサラリーマンなので、自分の稼ぎの中で投資を行っています。

投資目標について

ずっこけサラリーマンの目標は、アーリーリタイアでサラリーマン生活からの卒業することです。

そこに向けて、55歳頃に資産が最大化し以降は資産の取り崩しと年金で生きていくことが目標となります。

あまり大きな夢でもなく、ちょっと人より安心して早めに引退したい、それくらいの小市民の夢です。

大きなリスクを取らず、淡々と積み立てていくのが中心となりそうです。読者の方々には読んでいて面白いものではないでしょう。

が、普通のサラリーマンが、普通に資産を詰め立てていったらどうなるか。そんな参考にはなるんじゃないかと思っています。

サイト名について

見ただけでピンと来る方もいらっしゃるかとおもいます。

我々世代が子供のころにとても流行っていた「ズッコケ三人組」シリーズの中に「うわさのズッコケ株式会社」という本がありました。

浜辺でジュースやカップ麺を売ったら儲かるのではないか?

そんな思いつきから、株式を発行してクラスメイトから資本金を集め、それを元手に商売をしていく…

小学生目線で本気でビジネスを行う、ちょっと背伸びした物語。資本、利益、配当、株主総会…思えばそんな魅惑のワードに溢れていました。

「株式会社」との出会い、投資に興味を持った最初のキッカケ、、、そんな記憶に残る本です。

今回、そんな気持ちを思い出して「うわさのズッコケ株式投資」を立ち上げました。ズッコケサラリーマンが投資に奮闘する様を楽しんでもらえればと思います。