こんにちは、zkk-rymanです。ごく普通のサラリーマンがアーリーリタイアを目指して投資に勤しむブログです。 今回は、現時点での金融資産状況を整理します。 さて、その前にタイトルの引用元についてです。 いわゆる投資本というわけではありません。造園家であり東大教授である著者が、投資家としてどうやって財産を築いたか、その投資ポリシーが語られています。
読んだのはもうだいぶ昔の話ですが、こんなことが書いてありました。
  • 平時は貯蓄をすること
  • 虚栄に走らず無駄なお金を使わないこと
  • お金は雪だるま。ためたお金に働かせること
  • 不況時にこそ貯蓄から投資へ
「月給4分の1天引き貯金」で貯蓄し、適切なタイミングで投資することで財産を築いた…という、そういう話です。給与の中から一定額を貯蓄に回す、予め別の口座に入れておく…なんていうのは、今の時代の投資本によく書かれている内容ですが、100年以上前から同じことを実践している方がいた、というわけです。
最終的には全額寄付したという破天荒な人生だったようですが、その投資ポリシーは見習いたいと思うzzk-rymanです。

資産分類

さて、昨日の記事に書いた通り、私の投資対象は以下の通りです。
  • 日本株
  • 米国株
  • 投資信託
これに現・預金を追加し、ちょっと細分化しつつ金額を計算すると以下の通りです。(ある程度丸めています)
大分類小分類金額(千円)
日本株一般証券会社2,000
持株会7,500
米国株6,000
投資信託5,900
現金預金11,800
預り金(証券会社)6,800
合計40,000
週刊誌やwebのアンケート結果から見る限り、同年代・同属性の人達より一財産貯めているのではないかと思っています。
そこまで意識してやってきたわけではありませんが「天引き貯金」をしてきた結果です。
引き続き、愚直にこれをやっていきます。
具体的な銘柄、売買の記録、投資判断などなどこれからまたご紹介していくつもりです。