こんにちは。ずっこけサラリーマンです。生活もかかってないブログだと更新もサボりがちだなと改めて思う今日この頃です。 多くの企業と同様、4〜5月はテレワークが中心となり全く会社に行かなくなりました。家に職場が侵入してくるというか、プライベートとの境目が曖昧になりがちで、心身ともに疲れがたまりがちです。 どんなに財をなしても、身体を壊してしまっては元も子もありません。皆さんもご自愛を。 さて、前回から2ヶ月経ったところで、いまの財産状況を整理します。

産分類

さて、こんな状況ですが私の投資対象は大きくは変わりません。日本株、米国株、その他投資信託。不動産とか、手を出したい領域もありますが、理解できないものには手を出さない主義。
大分類小分類2020/4時点(千円)2020/6時点(千円)
日本株一般証券会社2,0002,600
持株会7,5008,900
米国株6,0008,000
投資信託5,9007,500
現金預金11,80011,500
預り金(証券会社)6,8005,300
合計40,00043,800
4月頭時点と比較すると+380万くらいですね。こうしてみるとかなりのボラティリティです…こういう心臓に悪いのは要らないのですが。ゆるゆると増えてくれるのが理想・・・

要因分析

大きな動きとしては下記の通りです。
  • 日本株、米国株は計120〜30万分ほど買い足してます。
  • 投資信託は、毎月の積み立て投資で10万×2回分ほど買い足しています。
    →この買い足し分と、為替の変動が預り金のマイナスですね。
  • 残りの値動きは、株価の値上がりによるものということに。殆どが、3月頃に値下がりした分を取り戻したくらいという状況で…、嬉しいような嬉しくないような。
  • 持株会=自社株の値上がり。これは想定外でした。コロナ銘柄と捉えられているのか、殆ど値下がりしてなかった分が伸びました。これは素直に嬉しい。
というわけで、トータルとしてはほぼコロナ前を取り戻したって感じです。 この乱高下で、うまく立ち回ればもっと利益を出せるんでしょうが、普通の素人には難しいですね。心を無にして積み立て!を中心にやっていかないと、MPがたりません。 アーリーリタイアはまだまだ遠い。。