はじめに

まずはzkk-rymanの投資対象を書いていきます。平凡なサラリーマンであるzkk-rymanは、一発逆転みたいな投機は行っておらず、きっと面白くない投資をしています。普通こういうところには、ビットコインがどうとか、不動産がどうとか、コインランドリー投資がどうとか。FXで一発とか。キャッチーなものを持ってくると思うんですよね。
当ブログの趣旨は「普通のサラリーマンが平凡に暮らしながらどうやってアーリーリタイアに持っていけるか」なので、愚直に普通に「投資」をしていきます。
  • 日本株
  • 米国株
  • 投資信託
また、これらの資産には以下のチャネルで投資を行っています。
  • 証券会社(特定口座、一般NISA)
  • 確定拠出年金(企業型)
普通の人にできる、普通の投資の組み合わせです。才能がないとできない、コネがないとできないことってのは何もやっていません。 これらの組み合わせ方、どこで何を買ってるか…というのもそのうちまとめようと思いますが、今日はまず大まかにどのアセットにどういう方針で投資しているかを書いていきます。

日本株

日本株の特徴といえば「株主優待」です。株主優待を主に、配当に強いなど値下がり耐性があると言われる銘柄を中心に投資しています。
また、自社株の持株会でも継続的に買い付けています。給料と投資資産が同じリスクの上にあるのはとてもイマイチなのですが、それ以上に持株会の優遇策が魅力的なので…

米国株

米国株の魅力は、高配当・高成長など日本株にはあまりない「株価上昇要因」となりうる要素を持った銘柄が多いことです。米国株では、日本株よりも「株価」に重きをおいた投資を行っています。
高配当という観点では、配当貴族と呼ばれる連続増配銘柄を中心に。高成長という観点では、個別の銘柄別の良し悪しなんて分析し切れないので、セクター別に考えてここはいけるという銘柄に。 日本株も米国株も、平凡なサラリーマンができる範囲の面白くない投資になりました。が、ここに落ち着くまでには紆余曲折がありました。これまでやってきた失敗談なども今後紹介できればと思います。

投資信託

いきなりブログタイトルに反したことを言います。投資信託にも投資してますし、株式以外の投資信託も対象です。

投資信託はおそらく最も面白くない投資です。大原則として、基本的にできるだけコストの低いインデックスファンド。
「日本、先進国、新興国」の「株、債、REIT」に分散して投資しています。
一方で、アクティブファンドの類は基本的に手を出しません。最近流行のAIが運用するファンドとか、セクター別、テーマ別の投資信託はちょっと…
この辺りのポリシーも別記事でお話しできればと思っています

以上。