楽天×投信積み立て×分散

一月の積み立て

先日決めた通り、現金から投資へのシフトを進めています。貯蓄から投資へ…なんて使い古された言葉とは関係ないですが、単に現金比率が高すぎて期待する運用利回りが出ませんので。 さて、単純に積み立て設定しようとすると楽天証券の仕組み上、1銘柄あたり月に1回しか購入できません。 しかし、月に1回購入だと分散が効いていないような気がします。特に、この暴落がありうる局面では…。私、ずっこけサラリーマンは臆病なので、積み立て量を増やすにあたって月1では不安になり、分散を効かせる方法を調べることにしました。

方法1: 積み立てNISA

どうやら積み立てNISAでは毎日積み立て設定が出来るようです。積立額は100円から。楽天カードの引き落としなどで設定するのが常道のようです。ポイントも貯まるので。 …いやいやいや。全然枠が足りません。積み立てNISA自体を否定するわけではないですが、今回やりたいことは毎月30万強の積み立て購入です。2ヶ月持たず終わってしまいます…

方法2: 正攻法

楽天証券の場合、「分配金コース」や「口座種別」を変えると、別の積み立て設定ができます。 口座種別は、私の場合は特定口座のみです。NISAは使っても良いのですが、枠がほとんど残っていません。積み立て設定には不向きでした。 もう一つ、「分配金コース」です。分配金コースは、再投資型と受け取り型を選べます。ですが、私が投資してるのは殆どが「分配金無しのインデックスファンド」です。よってどちらのコースにしようと実質的な影響はありません。どうせ分配金出ないので…というわけでこの「分配金コース」を、使って2パターン積み立てることができます。 毎月X日に約半分。X+15日に残りの半分。 これで分散することができます。

さっそく

7月の後半分から、新しい積み立て設定でスタートしました。当面、おそらく1年くらいは、このまま積立を続けていくことになります。残り300万くらい、さらに臨時で買わないと…割安株をどう見極めるか、ですね。

SNSでもご購読できます。