OneStockで資産の変化を眺めてみる

みなさんこんにちは。野村證券のOneStockがAndroidに対応したようですね。リリースされて3ヶ月ほど、ほとんど見ることはないのですがせっかくなので振り返ってみました。

前回

最初に見た時は7/24に記事を投稿していました。 https://zukkoke-stock-investment.net/page/11/ この前後の分析で、現金資産の投資シフトを検討する、としてました。
7/29日

今回

本日取得したスクリーンショットです。
預金をだいぶ減らして、投資信託や株にシフトしてますね。外貨預金になってるのは外株を買うために一時的に米ドルにしている分です。

機能要望

アセットクラス別の割合が、デフォルトで表示させるのはやっぱり良いですよね。前にも書きましたがマネーフォワードだと出来ないので…。 最終的にやりたいことを過不足なくやろうとするとExcel管理を上回るものはないんですよね。自分がやりたいことをやるにはどうしてもExcelになってしまう。 こういうのって、商品別にタグ付けてそれで分類できるといいんですが。投資信託なんて、国内株なのか先進国REITなのかで全然違うわけですし。それさえ規定の配分決められれば、期待リターンとか計算しやすくなるんですけどね。 後は、マネーフォワードに登録されている資産が全部連携されてしまうので、確定拠出年金までカウントされてしまって居るのが個人的にはイマイチです。連携先をオフオン出来るのがベストなんですよね。 3ヶ月くらいで評価益がだいぶ増えてることを確認できたのはとても良いことなのですが、なんでこのスクショをとる日は前日比こんなに下がってるんでしょう。。